日経225先物  本日の相場を5分ローソク足で検証してみた。 トレードポイントはどこだったのか?

日経225先物 移動平均線 ボリンジャーバンド 一目均衡表
10 /12 2016
日経225先物  本日の相場を5分ローソク足で検証してみた。 

トレードポイントはどこだったのか?

週明け相場で再び17000円に戻していた日本市場だが、
昨夜のES取引から再び相場は崩れて調整方向への流れ。

本日のザラ場はよりは安く始まるものの買い戻される場面もあった。
ただ、戻りは売られて17000円台に戻ることはなかった。

引けは売り方の買戻しも入ったようで上に跳んで取引を終了している。

其れでは本日のザラ場を昨夜のES取引を含むチャートとザラ場だけのチャートを比較して
ザラ場チャートの取引ポイントをおさらいしてみましょう。


16,10,12 日経225先物 ES含む5分ローソク足
日経225先物 ES含む5分ローソク足


16,10,12 日経225先物 5分ローソク足
日経225先物 5分ローソク足

上のチャートを比較して見ましょう。
ES取引から売られて相場は調整となっているのが分かりますね。

ただ、ここでは5分足だけを見ているので長い足では押しの段階、、、

寄りは下から始まるもののすぐに上にあった25本線を抜けて5本、25本 GC
この時点で相場は押し目を買う方向への流れとなりました。

ただ、戻りが弱くて本日もマーケットプロファイルで言うところのノーマルディ。
戻りが売られることとなりました。

この時点で安値 16840円 高値 16950円  その後戻り売りからの調整 移動平均線5本、25本 DCから
半値ところの169000円所で揉み合いを続けていましたが、現物の昼休憩終了後、後場の取引時間帯から
下方向への動きとなり調整後の安値割れで75本割れ。
ここで16880Sに出ましたが、動きが鈍くて痺れが切れて1テック抜きで逃げました。
その後再び戻されましたね。

ただし戻し所の売りポイントと見られた下落中の25本線タッチから再び上に抜けて5本、25本GC,,,
さすがにここはフェイク気味?

上にあった下落中のバンド+2σところで毛抜き足を出して再び戻りが売られて25本割れ、
ここはしっかりと売り168700Sに乗れましたが、たいした値幅も出ずに引けにかけて戻されましたので
分割決済 +30と +10 で取引終了。

本日取引は2回

2勝でしたが、ただ負けていないといった結果で取引となっています。

最近トレンドが出ていない相場が続いています。
ただ、どんな相場においても負けないことを優先にしていけば
トレンドが出たときにはしっかりと利益を出すトレードができるはずです。

トレードパターンをしっかりと認識して行きましょうね。

PS*  昨夜のNY市場ではダウが下落したのですが、
普通なら有事の際の金価格で金は買われやすくなるのですが、

このところ昨年の暮れからから戻していた金価格は
少し利益確定の売りが出てきているようです。

16,10,12 NY金先物
NY金先物


=========================

ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

日経225先物  週間の動きを5分足、日足、週足で検証してみた。 トレンド相場からレンジ相場の転換が見えてきた。 休日明けの動きは?

日経225先物 移動平均線 ボリンジャーバンド 一目均衡表
10 /11 2015
日経225先物  週間の動きを5分足、日足、週足で検証してみた。 

トレンド相場からレンジ相場の転換が見えてきた。

8月の下落から続いたトレンド相場がそろそろ調整のレンジ相場となりそうな気配となってきた。

それでは週間の相場の動きをまずは5分足から見てみよう。

15.10.11 日経225先物 週間5分足
日経225先物 週間5分足


15.10.11 週間5分ボリンジャーバンド
週間5分ボリンジャーバンド


15.10.11 週間5分一目均衡表
週間5分一目均衡表


15.10.11 日経225先物 ES日足ローソク足
日経225先物 ES日足ローソク足


15.10.11 ES日足ボリンジャーバンド
ES日足ボリンジャーバンド


15.10.11 ES日足一目均衡表
ES日足一目均衡表


15.10.11 日経225先物 週足
日経225先物 週足


15.10.11 週足ボリンジャーバンド
週足ボリンジャーバンド


15.10.11 週足一目均衡表
週足一目均衡表


日足は先週末のES取引から反転して月曜日に日足移動平均線25日ところを回復、
その流れは火、水と陽線引けで赤三兵、木曜日は調整して陰線引けとなったが、
週末金曜日は逆に戻して陽線引けとなっている。

週末のES取引ではザラ場の上昇から少し調整して下落となってはいるが。。。

15.10.11 日足NYダウ
日足NYダウ

15.10.11 週足NYダウ
週足NYダウ

この戻しに影響したのはやはりNYダウだろう。
先週末の雇用統計発表から年内のドル金利上げが見送られるといった報道もあり
株式市場に浮遊していたお金が集まりだしたといったことのようだ。
ただ、ダウは6営業日上昇も上昇幅が少なくなってきている。
そろそろ、、、

日本市場を見ても日足は移動平均線25日所を抜けてきていて
木曜日の下落もここでサポートされている。

週足では下影陽線と目先上方向、
一目均衡表も再び雲上限を抜けてきそうな気配。
しかし、来週は上昇中の52週線と、下落中の13週線がDCしてくる。
このあたりのポイントまで戻すと18720あたりか?

ここまでの下落相場から反転相場になるにも少し調整期間が必要だ。
日足ボリンジャーバンドを見ても拡大していたバンドが収縮、横ばいとなってきていますね。

週間の5分足を見ても上、下が交互にきていて方向感はなくなってきています。
ザラ場で強くてもESでは逆に弱含み、、又逆にザラ場下落でもESでは戻すといった状況も見られます。

戻し上昇としては時間がかかり、戻りを売るにはそろそろ力不足となりつつある。

郵政3兄弟もそろそろ活況してくる、アベノミクスも最後の力を出してきそうな気配。
今後の相場は押しを入れながら年末にかけて上昇を見せてくるのではないかと見てはいますが。

どちらにしろしばらくは大きな動きはなく、調整の相場、外部環境に振られる相場となってきそうな気配となっています。

=====================================

投資顧問会社が提供する
再現性100%の月利25%の信じれない日経225投資

今無料情報を配信中!

無料登録はこちらから

本日23時で無料登録は終了します。


FXメインの冊子だが、日経225や現物市場にも応用が利く冊子となっています。
↓↓↓

相場から利益を上げる22の技術



ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。