日経225先物  本日の投資戦略。 昨日のGUからの取引継続。 19000円ところを見据えた動きになりそうな気配。 本日の北朝鮮の動きにも注意したいところだ。

日経225先物 チャート検証 移動平均線 ボリンジャーバンド
04 /25 2017
日経225先物  本日の投資戦略。 

昨日のGUからの取引継続。 19000円ところを見据えた動きになりそうな気配。 

本日の北朝鮮の動きにも注意したいところだ。

昨日週明け相場は大きく上げて取引が始まり底堅い動きとなった。
その後始まったES取引でも底堅い動きは継続したのだが、19000円を前に少し調整の動きとなった。

しかし最後は上に跳んで18930円で取引を終了している。

それでは昨日の動きをチャートで見ていこう。

17.04.25 日経225先物 5分ローソク足
日経225先物 5分ローソク足

17.04.25 日経225先物 日足ローソク足
日経225先物 日足ローソク足


17.04.25 NYダウ
NYダウ

17.04.25 ドル、円 60分足 スーパーボリンジャー
ドル、円 60分足 スーパーボリンジャー


ダウもGUで節目ところのMA50を回復してきています。
ただしGUからの動きは乏しく大きく動くことは無かったようですね。

為替は110円台を少し割れてきました。
その辺りの動きを見てES取引では少しだれましたね。

GUで大きく戻してからの取引でしたので窓を埋める動きもあって当然なんですが、
その辺りのことを思うと相場は底堅いといえるのではないでしょうか。

フランスの大統領選も候補が絞られ決選投票が行われます。
また今日は北朝鮮のイベントですね。
何が飛び出すやら?

どちらにしろ昨日のGUからの動きは少し調整となったものの底堅い、、
相場は少し様子見となりそうですね。

動きが出てから入るとしますか。。。

GUからのトレードは基本的には押し目界買いなのですが、、、


ブログランキングに参加しています。

皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

日経225先物  今週の相場の流れをチャート検証してみた。 週末にはこのところのレンジを抜けてきたが、北朝鮮問題が重石に?

日経225先物 チャート検証 移動平均線 ボリンジャーバンド
04 /23 2017
日経225先物  今週の相場の流れをチャート検証してみた。 

週末にはこのところのレンジを抜けてきたが、北朝鮮問題が重石に?

長引く北朝鮮問題の中、日経平均はこのところ戻り売りで重かった18500円ところを上抜けてきたのだが、
週末に米空母の関連報道も出ていますね。

米空母、数日中に日本海へ=北朝鮮に圧力―ペンス副大統領

中々相場が本格的に動かず様子見となっている要因でしょう。

それにヨーロッパではフランス大統領選なんかもあってユーロも弱含みの展開が続いています。

それでは今週週末にレンジを抜けてきた日本市場をチャート検証していきましょう。

17.04.22 日経225先物 週間5分ローソク足
日経225先物 週間5分ローソク足


17.04.22 日経225先物 日足ローソク足
日経225先物 日足ローソク足


17.04.22 日経225先物 週足
日経225先物 週足

今週は反転相場となりました。
先週までは売られていた影響もあり週中の戻しでも18500を越えると戻り売りとなっていました。
しかし週末、為替が戻したことも影響して戻り売られていた18500円の壁を抜けて18650円まで
週末ザラバは引けピンとなっています。

ただその後始まったES取引では調整の動きもほぼ横ばい週中の高値18550円が意識されて
18640円をつけて再び戻して18620円で取引を終了しています。


17.04.22 ドル、円 日足 スーパーボリンジャー
ドル、円 日足 スーパーボリンジャー

ドル円相場も下落からそろそろ底打ち感も?
108円10銭台から週末引けは109円台ぎりぎりではありましたがこちらもキープして取引を終了。

週明け相場はやはり土曜日の報道で米空母の日本海接近報道がどれぐらい相場に影響するかといった状況
ファンダメンタルなところが気にかかるところです。

今週は底打ちから戻してきただけに更なる戻しとなるのか?
それとも再び危機管理が騒がれて戻りが売られるのか?

下落相場継続なら戻り売り、、、ただ売られても直近安値までは行かないのではともています。

まあ、大きな事件が無ければの話ですが、、、


ブログランキングに参加しています。

皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

日経225先物  本日の投資情報  下げるだけが相場ではないが、目線は下方向は継続。

日経225先物 チャート検証 移動平均線 ボリンジャーバンド
04 /18 2017
日経225先物  本日の投資情報  

下げるだけが相場ではないが、目線は下方向は継続。

英市場は休場、

ドル円相場が戻しを見せたためにES取引では買戻しが入った、
ただ取引高は乏しく、盛りあがりに欠く状況が見られました。

昨夜の日経225先物市場をチャートで見ていくことにしましょう。

17,04,18 日経225先物 5分ローソク足
日経225先物 5分ローソク足


17,04,18 日経225先物 日足ローソク足
日経225先物 日足ローソク足


昨日ザラ場で何とか下げ止まり?
日足は下十時線からのES取引の上昇で反転陽線引け。

チャートは下げ止まりからの反転となっていますね。

このまま素直に戻し方向へ加速するのか?
ただ現状下げ相場は未だ継続しているなら日足移動平均線5日ところは下げていて、
昨夜のES取引で上抜けてきたのだがこれを意識するなら本日は戻り売りからの取引となりそうだ。

ただ、為替もここにきて少し下げ止まりを見せている。


17,04,18 ドル、円 4時間足

4時間足でも下落中のMA21を抜けてきましたね。

ただ、先日から報道されている北朝鮮問題は未だ解決の糸口さえ見えず。

北朝鮮ミサイル実験継続へ、米行動なら全面戦争

口論して、威嚇だけで終わればいいのですが。。。

どちらにしろ窮鼠猫をかむといった行動に移さないようなアメリカと、中国はしっかりと対応してもらいたいところです。

本日のトレードですが、一旦下げ止まりは評価するけど、、、
戻しは再び売ってみたいところでしょうか?

ブログランキングに参加しています。

皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

日経225先物  週間相場の流れをチャート検証してみた。 地政学的リスクの高まりを受け市場からお金を引き上げる動きが見られ下落相場継続となっている。

日経225先物 チャート検証 移動平均線 ボリンジャーバンド
04 /16 2017
日経225先物  週間相場の流れをチャート検証してみた。 

地政学的リスクの高まりを受け市場からお金を引き上げる動きが見られ下落相場継続となっている。

やはり、アメリカによるシリアの攻撃と北朝鮮への圧力で地価額的リスクの高まりが、ドルを売る動きと
市場から一旦資金を引き上げる動きが継続していますね。

特に日本市場は北朝鮮からは近く、影響を受けやすいことも。

先日レンジ相場で18500円所を割り込んできたことで投げも出やすい相場とはなっていますが。。。

それでは今週の相場をチャートで見ていくことにしましょう。

17,04,16 日経225先物 5分ローソク足
5分ローソク足


17,04,16 日経225先物 日足ローソク足
日足ローソク足


17,04,16 日経225先物 週足
週足


トランプ相場が始まって順調に上昇した相場でしたが、個々までサポートされていた18500円所を先週に割り込んだことで
今週は弱含みとなりました。

やはり、何度も言われているが地政学的リスクの高まりを受け市場からお金を引き上げる動きは継続していますね。

週末のNY市場では3連休前にポジションを持たない動きも出たようで下げも加速したようです。

その影響は為替市場にも出ていますね。


17,04,16 ドル、円 日足
ドル、円 日足

為替市場も円高が続いています。

リスクをヘッジするために金価格は上昇を見せていますね。有事の際の金価格。

17,04,16 NY金先物
NY金先物

どちらにしろ、市場の資金を一旦現金にしておく動きが見られます。
売り追撃か?
一時的なものと見て反転を狙っていくか?

今週明けの相場が今後の動きを左右されそう。。。

例年売られるセルメイを前にこの下落は市場価格をさらに下げる動きと成り、
トランプ相場開始前の水準まで下げることとなるのでしょうか?

目線下ですので半端なところでの買いは手控える方針です。


ブログランキングに参加しています。

皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

日経225先物  今週の動きと、雇用統計発表明けの相場予想。 今週の相場の流れをチャート検証してみた。

日経225先物 チャート検証 移動平均線 ボリンジャーバンド
04 /09 2017
こんにちわ。  好々親父です。

週末色々ありましたね。

相場的には米雇用統計が週末金曜日に発表されましたが、
その前にはアメリカのシリアへのミサイル攻撃など相場に大きく影響するような出来事もありました。

雇用統計に関する記事
取引時間前に発表された米3月雇用統計は、非農業部門雇用者(NFP)が+9.8万人と予想の+18.0万人を大幅に下回った。一方、失業率は4.5%と前回と市場予想の4.7%より強い結果となった。平均時給は前月比+0.2%となり予想と一致した。NFPの伸びが大幅に低下したが、+23.5万人(修正後:+21.9万人)と大幅に増加した2月の反動もあるとみられたほか、失業率が10年ぶりの低水準となったことで雇用改善のトレンドは変わらずとの見方が多かった。雇用統計を受けて一時的にドルが売られ、債券利回りが低下したが、ダドリー米NY連銀総裁の発言を受け、ドルが上昇し、債券利回りが上昇。同総裁は、バランスシート縮小は年内か来年の早い段階に開始するとの見解を示し、バランスシート縮小を開始しても利上げ休止は極めて短いものになるとコメントした。
(トレーダースウェブ)

週末の為替は直近安値を割り込みましたが、110円は割れずに反転していますね。
日経225先物もES取引でこの動きに大きく影響されて週末の取引を終了しています。

それでは今週の相場の流れをチャートで見てみましょう。

17,04,08 日経225先物 週間5分ローソク足
日経225先物 週間5分ローソク足

17,04,09 日経225先物 日足ローソク足
日経225先物 日足ローソク足


17,04,09 日経225先物 週足ローソク足
日経225先物 週足ローソク足


17,04,09 ドル、円 日足ボリンジャーバンド
ドル、円 日足ボリンジャーバンド


日足は下げ継続も週末に陽線引けで下落中の移動平均線5日ところに戻して取引を終了しています。
週足では上昇中の移動平均線26週ところでサポートされた感じですね。

今週は少し戻し方向への流れも出るのではないかと見てはいますが、?

為替のほうを見ても週末雇用統計では予想より下だったのですが、
その後発表されたダドリー米NY連銀総裁の発言を受け、ドルが上昇。

直近安値割れから再び111円を回復して取引を終了。

ドル、円はこのところの流れは円高から少し戻しでレンジ相場を形成しそうな気配となっていますね。
レンジの前の戻しは115円所ですので今回も相した動きが見えるでしょうか?

逆にドルが戻しを見るなら日経平均もつられて戻すこととなるでしょう。
例年は新規マネーが流入して4月初旬は上昇しやすい地合なのですが、今年の1週目は下落から。

調整終了から反転を期待したいものです。
想場を見るものにとっても相場が上昇を見せるのは活気が出ていいですからね。


ブログランキングに参加しています。

皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。