日経225先物  連休前の相場は衆議院解散、円安影響を受けて、買戻し。 

日経225 投資 マーケット情報
11 /21 2014
日経225先物  連休前の相場は衆議院解散、円安影響を受けて、買戻し。

昨日は円安にもかかわらず、弱含みの相場となっていたが、
本日は昨日より円高であったが、後場から買い戻されてた。

衆議院解散は想定とおりだったが、やはり市場心理が働いたようで、為替の買戻し(円安方向)
もでテ、その流れに日経平均先物も追随したようですね。

それでは相場の流れを5分ローソク足で見てみましょう。

14.11.21 5分ローソク足
(5分ローソク足)

昨日ES取引からの流れ、昨夜のES取引もまずは売られて始まりましたが、買い戻されていって来い、
ただ、前日からの安値切り下げ、戻しも寄り値より下で陰線引けでした。

本日最寄から売られて下落方向の流れ、11時ごろ、17100円までつけた。
3連休前の手仕舞いでポジションを整理した流れだったと見ているが。

通常はここから更に手仕舞いが加速するんものなのだが、本日はやはり衆議院解散前の
法案成立、(あまり報道を見ていなかったので確かでないが)衆議院解散後の選挙結果も自民党が勝利?
といった道筋なのか?

買い戻されましたね。

行って来いから更に寄りの高値を抜けて逆に売り方の買戻しを誘ったのでは?
2時過ぎに寄り値17290を越える場所では取引高も増加している。

特に引けの取引枚数は連休前とあってかなりの取引高となっていますね。

続いて日足を見てみましょう。

14.11.21 日経225先物 日足ローソク足
(日足ローソク足)

日足は横ばい状況になっている移動平均線5日を挟んだ動きとなっていますね。
本日陰線引け名が下落方向への流れでしたが、下影陽線を引いたことで再び戻してきていますね。

下影陽線で下方向への固さが確認された?

衆議院解散報道があって、一旦大きく売られたが、相場自体は底堅く、
あまり影響を受けていないような結果となりました。

連休明け寄りから上方向への流れが出ると更に直近高値を抜けてくる可能性が高くなってきたようで、、、
まあ、ここからどちらに抜けるのか?
連休明け相場が楽しみになってきましたね。

ディトレードにおいては相場の流れが大きくなるほどチャンスも出てきます。
連休明けからだらだらした動きにならないことを期待したいものです。

良ければ最後に手数ですが、こちらに1ポッチ願えれば幸いです。
ブログ更新に励みになります。。。

↓↓↓↓↓

     
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。