日経225先物  5分一目均衡表を使ったトレードは果たして成り立つのか?

ローソク足・一目均衡表
05 /24 2015
日経225先物  5分一目均衡表を使ったトレードは果たして成り立つのか?

週末の5分一目均衡表を見てみましょう。

15.05.24 日経225先物 5分一目均衡表
日経225先物 5分一目均衡表

金曜日の相場は後場始まりまで目先下落方向への動きだったが、
12:35分の足で急激に戻すといった状況がありここで下落中の雲【青】を上抜け、
すぐに遅行スパンが前の雲(赤)を抜けてきた。
その後14:40ぐらいに雲転換(青→赤)をえて雲上昇。

18:50の足で基準船、転換線がDCとなりローソク足は下につく【遅行スパンも転換線割れ】ものの、
20:10の足で再び転換線、基準線GC,そのまま遅行スパンも再びローソク足を上抜けて
3役好転、そのまま、転換線を割り込むことなく、上昇を見ている。

一目均衡表においてはやはり、遅行スパンと、雲が大切だとオヤジは思っている。

基本的には基準船、転換線GCで、遅行スパンが雲上にあるときには目先上昇、
基準線、転換線DCで遅行スパンがローソク足、雲を下抜けてきたときには目先下落継続と
一目均衡表においては時間軸を見ることもできる唯一のテクニカルチャートと見ている。

相場の方向性を見るには適しているとオヤジは常に監視はしている。


ブログランキング参加しています。ランキング上昇は更新にも力が入ります。
応援いただきましたら光栄です。

↓↓↓↓↓

     
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。