日経225先物  週間の動きをチャート解析してみた。SQ通過後の週明け相場は弱含みの展開に?

リアルタイムトレード
06 /14 2015
日経225先物  週間の動きをチャート解析してみた。

SQ通過後の週明け相場は弱含みの展開に?

まずは週末の5分足から見てみよう。

15.06.14 日経225先物 週間5分ローソク足
日経225先物 週間5分ローソク足

5分足の1週間分を見てみよう。
ESを含む5分足は週明けから下落方向への流れとなり一時2万円割れ、週末のSQ算定を意識して
火曜日は一時ザラ場で戻しも見たが、戻りが売られて激しい動きとなっている。

水曜日には戻しを見て下落時の高値を上回ってきた。
この戻しでSQ算定は20500円台と見られたが、残念ながら20473.83と20500円を上回れなかった。

金曜日は木曜日に海外市場が少し弱含みを見せていたこともありザラ場下落、
SQ算定価格を上回らずに下落を見せたことでアノマリーは目先下落となっている。


15.06.14 日経225先物 ES日足ローソク足
ES日足ローソク足


15.06.14 日経225先物 週足
週足


15.06.14 NYダウ
NYダウ

NYダウは下方向の弱含みもMA50ところが意識され割れても戻す展開となっていたが、
週末陰線をつけて相場は目先下方向継続となっています。

15.06.14 日経225先物 ES5分ローソク足
ES5分ローソク足

木曜日の戻しを継続できず、SQ算定日となった金曜日は弱含みの展開となっています。
ザラ場は弱含みも横ばい方向でしたが、ES取引ではダウの下落と共にザラ場安値を割れてきていて、
終値でも100円ほど下げて取引を終了しています。

週明け相場はやはり海外市場が弱含みだった影響から目先下方向への動きを意識する展開となりそう。

先週中には黒田バズーカで為替市場は大きく動きましたその影響を受け
相場は下落となりましたが、すぐに力強く戻す場面も、ただ、戻してそのまま上とは行かず
戻りが売られたことで目先下方向へ目線が変化しています。

週末は取引高が減少気味、
週明け相場も取引高(再びESを含む)が減少が予想される、そうなってくると値動きも乏しくなるので
膠着した状況が予想される。

そうなってくるとトレードチャンスが減少してくるのでしっかりとポイントを決め流れの出やすい
寄りとか引け前の取引に集中することとなりそうだ。

ただ、下落相場に入るようだと値動きが激しくなる、ディトレードは日々の動きがあるほどチャンスも増えるので
日々の動きがあることを期待したいものなのだ。


ブログランキング参加しています。
下のバナーに1クリック、ポッチと
応援いただきましたら光栄です。

↓↓↓↓↓

     
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。