日経225先物  本日の相場の流れ  横ばいから引けにかけて手仕舞いの売り優勢。 ザラ場は陰線引けもESを含む日足は陽線引け。

日経225先物 一目均衡表
08 /06 2015
日経225先物  本日の相場の流れ  

横ばいから引けにかけて手仕舞いの売り優勢。 

ザラ場は陰線引けもESを含む日足は陽線引け。

午前につけた20810が高値となりました。
その後、ES高値の20820に向かいませんでしたね。

膠着した状況が続き結局は引けにかけての手仕舞いと見られる売りが、
明日発表される米雇用統計に向けての調整の可能性もあります。

それでは今日も5分足は移動平均線と一目均衡表を表示していますので
相場における指数の位置を見比べて見ましょう。

15.08.06 日経225先物 5分ローソク足
日経225先物 5分ローソク足

朝のよりから10時過ぎまでは移動平均線5本、25本と上昇中の75本ところがサポートして
DC否定のグランビルの法則が成り立っていたが、
10時半過ぎから移動平均線5本、25本は75本とWDC
その後は戻しても上にある75本ところがレジスタンスとなり
引けにかけての下落となっている。


15.08.06 日経225先物 5分一目均衡表
日経225先物 5分一目均衡表

昨夜のES取引で19時前後から3役好転して相場は上昇カーブ
引けにかけて雲中に、
本日ザラバは一旦20810をつけた場面では3役好転となっていたが、
決定足が出た時点で上十字線、次の足は陰線となったから上方向への動きは否定された格好となっている。

その後は雲下出の動きとなり横ばい状況から引けにかけての下落となった。


15.08.06 日経225先物 日足ローソク足
日経225先物 日足ローソク足

日足はザラ場のみなら陽線引け、
ESを含むローソク足は上影陽線、ちょっとトウバにも近いローソク足。
高値、安値とも引き上げたが上では売りが出てきていると判断できるローソク足ですね。

この足が上で出ると相場が転換しやすいとされているので、
明日の週末は少し調整の動きが出てくる可能性も?

ある報道では米雇用統計に向けて相場を強引に引き上げて
利益確定した後売った後、先物売り物を入れて再び押しで買うといったことをやっているとのことだが、
大手が絡んでいるので下々の個人トレーダーにとってはあくまで情報的なもの、逆にこうした情報は
相場を行ううえでは邪魔になる、しっかりと目先の動きに対応していくことこそ
個人トレーダーにとってとても大切なことだと思っています。

相場は再現性があります。
しっかりとローソク足の並びを参考にしてトレードに備えましょう。

本日のトレード  

なし、  引け前の下落時はそれまでのあまりの動きの悪さに少し横になっていました。。。


ブログランキング参加しています。
下のバナーに1クリック、ポッチと
応援いただきましたら光栄です。
↓↓↓↓↓

     
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。