日経225先物  本日の投資戦略  ES取引下落でザラ場からの動きは目線下方向に。

リアルタイムトレード
08 /19 2015
日経225先物  本日の投資戦略  ES取引下落でザラ場からの動きは目線下方向に。

ザラ場下落を引き継いだカッコウとなりES取引も下落となった。

またNYダウも小幅な下落だが、CME225先物は先日までこれぐらいの下落ならプラテンしてもいい動きを見せていたが、
今回はダウの下落幅よりCME225先物の下落幅のほうが上回っている。

てこ入れ政策のあった中国市場も戻りが弱く下落継続となっていて直近安値を意識した
2番そこへの動きとなっています、果たして今回下げ止まることが出来るのか?
昨日チラッと報道で上海などの住宅が下げ止まって上昇を見せているとの報道も。
まあ、先日の大爆発事故を見てもやはり共産圏といった事情も伺えるが。

ちょっと前置きが長くなったが、それでは昨日のES取引の動きを見ていこう。

まずはNYダウから

15.08.19 NYダウ
NYダウ

ダウは安値戻しから戻り一服。
小陰線となっている。
どちらにしろず~と上げ続けていたダウがそろそろ転換期に差し掛かってきていることは間違いない。
これで早期金利上げをするとは?
親父的にはまだ先延ばしとなるのではと見てはいるが、市場は金利先高を見越してすでに金利が上昇しているようだ。


15.08.19 日経225先物 ES5分ローソク足
日経225先物 ES5分ローソク足

ES取引ではザラ場終値より10円高い20570で取引が始まったがそのまま陰線を引いて下方向への動きとなっている。
下に突っ込んで20460底から少し戻しを見たが再び戻りが売られて20440まで
後は底堅い状況で戻りで20500を回復して膠着となったが、ES終値前に売られて20470で取引を終えている。


15.08.19 日経225先物 ES5分一目均衡表
日経225先物 ES5分一目均衡表


一目均衡表でも基準線転換線DCから下方向への動き。
ただ、NY市場が始まる前あたりからの戻しで基準線、転換線はGCから下落中の雲を抜ける場面もあったが
ES引け前の下落で再び基準線、転換線、雲を割り込んで取引を終了している。



15.08.19 日経225先物 ES日足ローソク足 
日経225先物 ES日足ローソク足

日足もサポートラインとして機能していた25日線を割り込んできましたね。
5日線はすでに下方向の動きから横ばいとなっていましたが、
今日このまま陰線引けだと再び下方向へ向きます。


15.08.19 日経225先物 ES日足一目均衡表
日経225先物 ES日足一目均衡表

一目均衡表では何とか、基準線、転換線ところ。(20490)
基準線ところでサポートされWボトムをつけていたが、ここを割り込んでくると相場は下方向への流れが強くなってくる。


今日は弱含みの展開が予想されるが、昨日なんかは強含みの展開を予想した。
弱含みと見ていても相場は何が起きるのか分からない。
とにかく寄りからの動きに注目したい。

昨日の下落からなら戻り売りを狙っていくこととなろう。

寄り前に貿易指数が発表され
14時に7月訪日外客数(14:00)の発表もある、
元引き下げで売られていたインバウンド銘柄が再び息を吹き返すこととなるか?
現物をやっている方は少しこのあたりの銘柄に注目してみてはいかがなものか。
まだまだ中国人による爆買いは衰えていないようですし。


ブログランキング参加しています。
下のバナーに1クリック、ポッチと
応援いただきましたら光栄です。
↓↓↓↓↓

     
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。