日経225先物  本日の投資戦略  NY市場プラスからマイテンで再び陰線引け、昨夜のES取引で何とか18000円をキープした日本市場は再び18000を割り込んで取引が開始されそう。 

リアルタイムトレード
08 /26 2015
日経225先物  本日の投資戦略  

NY市場プラスからマイテンで再び陰線引け、
昨夜のES取引で何とか18000円をキープした日本市場は再び18000を割り込んで取引が開始されそう。 

ハンセン指数が何とかプラス、ヨーロッパ市場もプラスで取引を終え始まったNY市場では戻り相場となり
プラス権での取引が続いたが、引けにかけて大きく下落して結局引けは -204.91 の 15666.44 で取引を終えている。
CME225先物の終値は17750とES終値18030に比べて約300円ほど安い水準で取引を終えている。

昨日の大商いでそろそろセリクラも近いのではと見ていたが、まだまだ波乱の相場は継続しそうな気配。

それでは順を追って昨夜の相場を見ていこう。

15.08.26 NYダウ
NYダウ

引けの下落で陰線引け、相場が持ち直すことなく引けに崩れて陰線引けをしたことは
NY市場にとってイメージの悪い一日となっている。

NY市場の下落で対ドルは120円に戻していたが、再び118円台後半の動きとなっている。

それでは昨夜をES取引を見てみよう。

15.08.26 日経225先物 ES5分ローソク足
日経225先物 ES5分ローソク足

15.08.26 日経225先物 ES5分一目均衡表
日経225先物 ES5分一目均衡表


15.08.26 日経225先物 ES日足ローソク足
日経225先物 ES日足ローソク足


15.08.26 日経225先物 ES日足一目均衡表
日経225先物 ES日足一目均衡表


日本市場も大米などの戻しの影響から買い戻されていたが、引けにかけてNY市場の下落の影響を受けて
18000円を割り込んだただ引けに上に跳んで18030で取引を終了している。

本日寄りはCME225先物終値17750、為替の円高を受けて再び18000円割れで取引が始まりそうだ。

ギャップをつけて下からの取引となる、
寄りから窓を埋める戻し方向への動きとなるのか?

それともさらに下方向への動きとなるのか?

日本市場は業績の割りに売られすぎとのこともあるが、
年初来安値を割っていない市場であり、まだまだ下値余地はある。

そろそろ政府が動き出すところと見ているが、
このところ求心力を失いつつある安倍政権にその力は残っているだろうか?

==============================================================================

知識0、資金0でも実践すれば100%資産を築くことができる
長岐隆弘先生のお金の事業を期間限定で無料公開中!

無料登録はこちらから


ブログランキング参加しています。
下のバナーに1クリック、ポッチと
応援いただきましたら光栄です。
↓↓↓↓↓

     
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。