日経225先物  本日の投資戦略  

リアルタイムトレード
09 /14 2015
日経225先物  本日の投資戦略

おはようございます。  SQ明けとなる取引が本日から始まります。

週末のNY市場は引けにかけて上げて100ドルほどの上昇となりましたが、
CME225先物終値は18090円とザラ場引けに比較して80円の下落、
ただ、ES取引終値17990円からは60円ほど高い水準となっています。

15.09.14 NYダウ
NYダウ日足チャート


ダウが上昇したもののCME225先物はマイナス、以前ならダウが上昇すればCME225も上昇というのが当たり前で、
逆にダウが下落してもCME225は上昇といった状況が続く場面もありましたが、
先日の大幅下落以降はCME225先物も売られるようになって来ましたね。

まあ、通常の動きに戻りつつあるということでしょうか?

通常の動きでないのは有事の際の金価格でしたが、金価格が上昇してこず、逆に下落となっています。

15.09.14 金日足ローソク足
金日足ローソク足

昨夜、某投資セミナーに行って来たのだが、講師にその件に着いて尋ねてみた所
中国の市民が現物の金をかなり手放してきているとのことでした。
今まで金を大量に買っていた中国も株価の下落などで現金を必要となったものたちが手持ち資金確保のために
資金をえるために売っているようです。

まあ、中国市場も世界第2位の経済大国として株価の下落をこのままではほっておかないでしょうから
そろそろ株価も安定した動きとなりつつなるのではないかと見ています。


中国の鉱工業生産、15年8月は6.1%増

国内スケジュールでは今日から始まる日銀の金融政策決定会合、
明日には黒田総裁の会見も控えています。

今回はあまり大きく変更はないと見てはいますが、先日の下落についての対処の部分だけが少し気になるところでしょう。
11月に迫った郵政3兄弟の上場の件も絡めて相場を上に持って行きたいといった思惑もあるでしょうし。

海外市場スケジュールでは15日から開かれるFOMCに注目が集まりそう、
アメリカの利上げは遅れることになるのか?それとも9月末といった当初のスケジュール通りになるのか?

日本は週末からシルバーウィークに入ります。

大手トレーダーたちは株式の保有ポジションに対して先物等でヘッジしてくる動きも出てくるので
FOMCの結果を踏まえて週末には一波乱があるかもしれませんね。

どちらにしても本日は少し落ち着いた動きに戻ってくるのではと見ています。

寄りはES取引からはGUで取引が始まるのではないでしょうか?

注目されるところは下落中の移動平均線5日18094ところここを上抜けて
陽線で終わるのか? それとも抜けきれずに戻りガ売られて再び下方向への流れとなるのか?

本日はそのあたりの引き合い相場の展開を予想しています。

ES取引4本値 

18070-18090-17900-17990

流れは売りから買い戻されて取引を終了といった状況でした。
引けは下に飛んでいます。

ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。