日経225先物   本日の相場の流れ、 寄りGUから売られて押しを入れて上昇も18190毛抜き足から売られて18000円割れ、しかし、17980Wボトムから買い上げられて引けは寄り引け同時となる18140にて取引を終了している。

リアルタイムトレード
09 /16 2015
日経225先物   本日の相場の流れ、 

寄りGUから売られて押しを入れて上昇も18190毛抜き足から売られて18000円割れ、

しかし、17980Wボトムから買い上げられて引けは寄り引け同時となる18140にて取引を終了している。

売り買い交錯とはこのことか?

このところもドリが弱く、戻りが売られる展開は今日も見られたが、
引けの戻しでそろそろ18000円ところを境に値固めしてきましたね。

それでは今日の動きをチャートで見てみましょう。

15.09.16 日経225先物 5分ローソク足
日経225先物 5分ローソク足

5分足の動きに高値、安値ラインを引いてみた。

こうした状況でラインを引いてみると値動きの参考となるので
皆さんも試してみてくださいね。


15.09.16 日経225先物 5分一目均衡表
日経225先物 5分一目均衡表


15.09.16 日経225先物 日足ローソク足
日経225先物 日足ローソク足


15.09.16 日経225先物 日足ボリンジャーバンド
日経225先物 日足ボリンジャーバンド


15.09.16 日経225先物 日足一目均衡表
日経225先物 日足一目均衡表


今日は出遅れが響いてトレードを控えていたが、引け前の戻しに少し乗れてプラスで取引を終えることが出来た。

日足は久々の陽線引け(ES取引含む)GUからの取引でザラ場は寄り引け同字線、

日足ローソク足は5日線が下落となっていますが、終値ベースでこの下落している5日ところの上に来ました。
日足一目均衡表でも横ばいとなっている転換線の上。
日足ボリンジャーバンドはー1σをサポートラインとして戻してきていますね。

ここからはFOMCの結果を踏まえて売り買い交錯状況が続きそうだが、
世界情勢を見ても今回アメリカの金利上げは先延ばしといった報道が強くなってきています。

どちらにしろ、ディトレードでは目先の動きに合わせて強弱を見て、、、
後は上が強いのか、下が強いのか?
判断基準を定めてトレンドに乗るということですね。

今日も一日お疲れ様でした。


ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。