日経225先物  本日の投資戦略  方向感に乏しい一日となりそうな気配。 取引高減少で値幅も乏しくなるのでは?

リアルタイムトレード
10 /20 2015
日経225先物  本日の投資戦略  

方向感に乏しい一日となりそうな気配。 取引高減少で値幅も乏しくなるのでは?

おはようございます。

昨日週明け相場は行って来いから売られて陰線引け、
その後始まったES取引ではGUから売られて終値までそして再び買い戻されてGUした寄り値と
終値は同値、寄り引け同字線で取引を終了しています。

それでは相場の動きをチャートで見ていくことに。

15.10.20 日経225先物 ES5分ローソク足
日経225先物 ES5分ローソク足


15.10.20 日経225先物 ES日足ローソク足
日経225先物 ES日足ローソク足


ES取引の流れは大きな動きはなく、底堅い状況となりました。

18000円より上での値固めといったところでしょうか?

日足は5日線、25日線とも横ばいとなっていてトレンドが出にくい状況と見られます。

今日のザラ場は再び買い戻されて上方向で直近戻し高値18410を抜けてくるのか?
それとも売られて再び18000円割れとなるのか?

引き合いすると動きが鈍く、このところの取引高減少も加えて
値動きに乏しく、膠着した一日を想定はしているが?

どちらにしろ一日150あたり値幅が出るんのでその中でこつこつ利益を積み立てるといった手法が有利と見ています。
トレンド相場のように一方通行は難しいと見てはいますが。


ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。