日経225先物  週間の流れをチャートで検証してみた。 ドラギ発言から中国の政策金利下げ、週末ES取引では19000円台到達!

リアルタイムトレード
10 /24 2015
日経225先物  週間の流れをチャートで検証してみた。 

ドラギ発言から中国の政策金利下げ、週末ES取引では19000円台到達!

海外のてこ入れ政策に乗ってとうとう19000円台に乗せてきましたね。

週末海外市場も大きく上げています。

日本市場はES取引終値19120円ですか。

日足レベルで下落中の移動平均線75日ところまで到達して来ました。

それでは週間の相場の流れをチャートで見てみましょう。

15.10.23 日経225先物 週間5分ローソク足
日経225先物 週間5分ローソク足


15.10.23 日経225先物 ES日足ローソク足
ES日足ローソク足


15.10.23 日経225先物 ES日足ボリンジャーバンド
ES日足ボリンジャーバンド


15.10.23 日経225先物 ES日足一目均衡表
ES日足一目均衡表


15.10.23 日経225先物 週足ローソク足
週足ローソク足


15.10.23 日経225先物 週足ボリンジャーバンド
週足ボリンジャーバンド


15.10.23 日経225先物 週足一目均衡表
週足一目均衡表


やはり今週はドラギ発言に尽きますね。
それとこれまで跳ね返されていた18400円ところのレジスタンス帯をイトも簡単に上抜けしてから
週末のES取引の3営業日で19000円到達です。それも終値は19120円ですか。
CME225先物の終値(円ベース)はさらに20円高い19140円で取引を終了しています。

週明けの相場はあまりにも急激に戻しすぎた反発が出なければいいのですが。
ES取引では久々に売り方の買戻しも出たのか?
取引高は3万枚を越えています。まあ、だらだらした動きも入っていたので
8月の下落時のような取引にはなりませんでしたが、売り方があわてないところを見るとまだまだ戻りポイントでは
ないと見ているのでしょうかね。

まあ、現物を持っていればリスクのヘッジということとなりますが。

とにかく世界的に相場が戻してきています。
通貨も円安に振れていて株式市場には追い風、
ただ、日足レベルで75日線ところですので一旦戻しも節目ラインで意識されやすいポイントまで来ています。
ボリンジャーバンドは完全に開いてバンドウォークの気配。
日足の一目均衡表は雲を抜けては来ています。

週足では下落中の12週、上昇中だった52週ところを週末のES取引にて上抜け。
上に抜けたことで今度は逆に戻りが売られてもサポートラインとして意識されやすくなってきますね。
週足ではボリンジャーバンドはまだ下有利だが、戻りの節目としてTP26週ところ19455ところまで意識しておくことが出来ます。
一目均衡表では週末のES取引で雲上限抜けて基準線も抜けていますね。

どちらにしろ相場は戻し方向有利、
戻りが売られても押しを入れる程度で逆に今度は19000円を割り込むと
押し目買いが入りやすくなると見ています。

売られるだけの相場も、買われるだけの相場もないが、郵政3兄弟上場に向けていい風が吹いていることは
間違いなさそうです。

===================

2年で7万円を4000万円にした25歳の若者
その投資術をマル秘公開。

無料登録はこちらから


ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


連動銘柄の法則

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。