日経225先物  週明け相場はGUからの取引?  為替もドル高で123円台前半の動きとなっている。

リアルタイムトレード
11 /09 2015
日経225先物  週明け相場はGUからの取引?  

為替もドル高で123円台前半の動きとなっている。

おはようございます。 

週末の雇用統計の結果は予定より大きく改善された数字となりましたね。
この結果を受けてアメリカの12月金利上げはますます舞台的になってきたのではないでしょうか?

結果、ドルが買われていて今日のよりもGUからの取引と成っていて123円30銭台までドル高が進んでいます。

円安効果は株式にメリトがあるといわれていましたが、
あまりにも急速な円安は逆に輸入品の高騰を招き海外から原材料を収入している企業にとっても
少しデメリットな部分も出てきます。

まあ、輸出関連企業にとっては取り分が多くなるのでそのあたりのバランスですね。

さて、今日は週明け相場となりますが、
先週の週明け相場は少し戻されたのですよね。

月曜日のザラバは調整の売りが出やすい状況が続いているような印象です。

今日も戻り売り(利益確定)が出やすい状況となっていると思いますが、
ただ、先週からの相場の流れは上昇継続となっていて
今日の相場は調整しても底堅く、押しは買われるのではと見ています。

したがって、GUしてからの相場は売り買い交錯で値幅に乏しくなるのではと見ていて
寄りからの取引ではあわてずに調整してきたところを買っていく、押し目買いと見ています。

ただ指数的にも節目となる19000円を上回り、19500円を越えてくると
8月相場の下落からの戻りも越えてきていることにより、相場は売り方の買戻しも急がれてさらに高くなる可能性も秘めています。

とにかく今日の相場は19500円ところを越えていくか、戻りが売られて調整となるのか?
買い方、売り方の攻防戦が見られるのではないでしょうか?

個人投資家はよく見極めて相場が崩れたほうへ付くこと、
売り方が崩れればさらに上昇、買い方が崩れれば戻り売り優勢、さて今日はどっちが有利な展開となるのでしょうね。

商品市場では金価格の下げが止まりませんね。
直近安値を割れてきました。

15.11.09 NY金
NY金

こうしたようなはっきりとした流れが出ているところに乗ると思ったより大きな収益となることもあります。

個別株は選定が難しいこともありますが、
為替や、商品などは選ぶ商品個数も限定され、又、流動性が高いものも限定できますので
あまりひとつのものに固執しなくてもいいのではないでしょうか?

投資家としてはトレードにおいて利益を上げるということが大前提なのですから。

ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

=================
新、 国のシステムを使い再現性120%
キャッシュバック(即金)で年収1000万円も可能な無料のモニター募集です。

もちろん登録無料です。

無料登録はこちらから

===============

日経225市場において自動売買ソフトを使用しながらより確実に
その売買を行うか、見送るかメールで指示が来るようです。


その通りに売買した結果は今年度は平均月利25%越えをたたき出しているそうな。


特に注目はこのシステムは金融庁の許可を得ている
熊のぷーさんのような容姿のおじさんが、しっかりサポートしてくれるようです。
実は投資の講師も長年していたすごい人のようですが、


登録は無料ですのでやるかやらないかでなく、情報だけは取っておきましょう。


登録はこちらから

==========================================

・ビッグデータFX手法
 統計学を純粋に投資に活かすことだけに注力した手法で、
 「1年に1回」、
 「ビッグデータ分析ツール」を利用して
 「どこに仕掛けを打てば勝てるのか」をあらかじめ決め、
 あとは、その仕掛けが利益に変わるのを淡々と待つだけです。
 本番のトレード時間は「ほぼ皆無」にもかかわらず、
 「月利20%」を稼ぎ出す手法です。
 加えて、仮に50連敗してしまっても耐えられるという
 「リスクも徹底」された特異な手法です。

無料登録はこちらから


===================
連動銘柄の法則

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。