日経225先物  本格的なチャイナショック再び?  寄り下落からサーキットブレーカー発動で取引停止に。

リアルタイムトレード
01 /07 2016
日経225先物  本格的なチャイナショック再び?  

寄り下落からサーキットブレーカー発動で取引停止に。

日本市場は底堅い動きだったのですが、中国市場が開始される直前から急落、
為替市場もドル円は急落して118円割れに1時間ほどで1円の円高となっています。

それに伴い日経平均も下落、引けはさらにリスクヘッジの売りも入ったようで
FAKでは大きく下に跳んで17660で取引を終了しています。

前回8月のチャイナショックでは20500ところから17160円までの下落となりました。

さて、今回はどれぐらいの調整となるのか?

それでは本日の相場を見て行きましょう。

16.01.07 日経225先物 5分一目均衡表
日経225先物 5分一目均衡表

ES取引からGUで取引が始まり、押しは買われる場面も見せていましたが、
10:15分の大陰線でレンジ割れと共に移動平均線割れ、
一目均衡表では基準線、転換線割れでDC,雲も割り込みした優勢のポジションから
さらに安値割れが継続されるといった状況となりました。

大引け前に安値から戻す陽線をつけましたが、FAKでは現物ポジの先物売りといった
リスクヘッジの売りが出て下に7テックほど飛びましたね。


16.01.07 日経225先物 日足ローソク足
日経225先物 日足ローソク足

日足は迷い線の足長陽線を挟んで陰線3本、
目先下方向優勢のローソク足の並びとなっています。

それにしても中国市場、サーキットブレーカーの取り決めをしてから
4営業日で2回目の発動となっていますね。

さてさてここからどういた動きになってくるのでしょうかね。
人民元は下落、株価も下落、経済も下落、トリプル???
まあ、共産国ですから今後どんな秘策を打ってくるかも知れませんし。

今夜のNY市場もパニック的な売りにならなければいいのですが。。。

リスク商品として扱われる金は上昇して一時1100ドル台を回復する場面もありました。

昨日立てたトルコリラも売られて直近安値付近まで来ました。
昨日は下落中でしたので小ポジション、今日は39円割れで昨日のほぼ倍のポジションを取って見ました。
平均買い単価は下がりましたので。。。

少し戻してきていますここから反転してほしいところですね。
幾らスワップポイント狙いといっても含み損は気分のいいものではありませんから。


ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


超大物トレーダーのFXトレード無料情報

FXCM証券【現楽天証券】前社長の谷中氏が開発研修した「プライス乖離FX」
過去、収益を上げ続けていたトレーダーの取引手法を解析、
特徴としてはトレードする際にトレードポイントは無論のこと、資金に対するポジションの
割合を自動的に算出するというもの。

当の本人が実践して2年間で50万ドルの利益をたたき出したようです。

ぜひ登録して情報を得てみてくださいね。 実績は語るです。

好評に付き1/9まで登録期間が延長されました。

無料登録はこちらから

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。