日経225先物  週間の値動きをチャート検証してみた。 高値から安値の値幅が2000円を超える値動き激しい状況となっている。

日経225先物投資 マーケット情報 チャート
02 /14 2016
日経225先物  週間の値動きをチャート検証してみた。 

高値から安値の値幅が2000円を超える値動き激しい状況となっている。

世界市場の減退?

日本市場は休日もあったが、世界市場の下落の影響、為替、ドルが売られる展開で
一時ドル円も110円台に突入する場面も。

下落相場で激しい値動きが継続しています。

週明けは15000円割れからの反撃はあるのか?

いや~今週も激しい状況となっていてザラ場、ES取引とも値幅が大きく出ていますね。

動きの出た方向へ順張りでは大きく収益を伸ばされた方もあると思います。

それでは今週の相場のチャートを見てみましょう。

16.02.14 日経225先物 週間5分ローソク足
日経225先物 週間5分ローソク足


16.02.14 日経225先物 ES日足ローソク足
日経225先物 ES日足ローソク足


16.02.14 日経225先物 週足
日経225先物 週足

週足では高値17090安値は週末ザラ場引けのりるくヘッジ売りで安値引けした14800円、
週末のES取引では少し戻してきていて15280円で取引を終了していますね。

少し売られすぎと見られたのでしょうか?

また週末のNY市場ではJPモルガンチェース会長のジェイムス・ダイモン氏が
自社株買いをしたことから同社株をはじめとした金融株が大幅上昇。

原油価格も戻したことからNYダウは大幅高、CME225先物も買い戻されて15410円となっています。


16.02.14 ドル、円 60分足
ドル、円 60分足

為替市場も行き過ぎた円高から買い戻されて113円台中盤まで戻してきています。

週明けの日本市場は15500円前後の取引となりそうですが、下落相場においては戻りが売られるパターンが多く
どこまでの戻しで戻り売りが出てくるのか?

世界経済の減退感からドルの利上げが再び見送られているので、
ドル安方向への流れは少し落ち着いたものの、まだまだ弱含みとなるのではと見ています。

為替相場の影響は輸出関連企業の収益悪化を招く恐れが強く、
今後日本市場の相場もさえないものとなりそうですね。

ただ、ディトレードにおいては値動きの出る相場はウエルカムしっかりこうした相場の流れに
乗っかって利益を伸ばすトレードを行って行きたいですね。

動きが激しいとトレンドが出やすく、継続しやすいのが相場です。。。
逆張りは厳禁、順張りを心がけて利益を伸ばしましょう。

それでは週明け相場もしっかりと利益を伸ばせるように。。。


ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


======================

新!

億トレーダーを多数輩出したFXの手法

億トレーダーを複数人育て上げた
あるトレード手法を、下記で公開しています。

実績十分のトレード手法とは?

無料登録はこちらから

======================






コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。