日経225先物  週間の動きをチャート検証してみた。 週明け上昇から戻り売りで週末にかけて下落となったが、ES取引では少し戻しいて取引を終了している。

日経225先物 チャート検証 移動平均線 ボリンジャーバンド
03 /20 2016
日経225先物  週間の動きをチャート検証してみた。 

週明け上昇から戻り売りで週末にかけて下落となったが、ES取引では少し戻しいて取引を終了している。

今週は陰線引けとなりましたね。

アメリカが、FOMCで金利上げを4回から2回へといった報道、
世界景気減退間からさらに金利上げを見送ったと判断されたのでしょうか?

ドルが売られたことで為替が円高方向への動きとなったことでその影響が相場に出たようですね。

NY市場はこの結果を受けて上昇しています。

それでは今週の相場の流れを見てみましょう。

16,03,20 日経225先物 週間5分ローソク足
日経225先物 週間5分ローソク足


木曜日のザラ場戻しを見てからの戻り売り、、、
週末3連休前のリスクヘッジの売り、、、
今週の目立った動きはこの2点ぐらいでしょうか?

ES取引で戻して、ザラ場で売られたといった印象でした。

16.03.20 日経225先物 日足ローソク足
日経225先物 日足ローソク足

日足は月曜日に陽線となったのですが、その後はいずれも陰線引け。
ただ、週末のES取引では下にある日足移動平均線25本から反転して陽線を引いていますね。


16,03,20 日経225先物 週足
日経225先物 週足

週足では下落中の移動平均線13週タッチから戻りが売られた状況です。

16,03,20 日足ボリンジャーバンド
日足ボリンジャーバンド

日足ボリンジャーバンドは下落から横ばいを経て上昇気味となっています。
ただ、バンドは収縮気味で相場の流れとしては膠着状況がうかがえます。

16,03,20 日足一目均衡表
日足一目均衡表

一目均衡表では越えていた転換線を週末に割り込んできました。
意識されるのは下にある基準線ところでしょう。
雲の下にありますが、遅行スパンは一応ローソク足を抜けてきています。
相場自体の判断としてはやはりボリンジャーバンド同様に上にもしたにもいきそうですが、
相場自体の流れが乏しく膠着した状況継続といった判断、、

来週はそろそろ配当取りの動きも見られるでしょうし、
現物市場では高配当銘柄が物色されるのではないかと見ています。

まあ、すでに買い込んでおられる方もいるようですが、、、
相場自体が少し弱含み、、、配当と、下落リスクしっかり配当優勢の銘柄を選択する必要がありますね。


トレードがうまくいかない、、、

自分でトレードするから負ける
裁量トレードを捨てFXの自動売買で継続的に収益を上げ続けている
某大手ASPでFXの自動売買部門第1位を獲得、

そんな方から100を超える売買ソフトを無料で使用でき、
そのソフトをきっちりポートフリオを組む仕方などを教えてくれるそうです。

相場に参加しなくてもソフトが自動で資金を増やしてくれる、
しかも、メンテナンスは週1回5分程度だそうだ。

まずは無料登録してその情報をキャッチしてみてください。

無料登録はこちらから


ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。