日経225先物  月末に荒れた7月相場を振り返り、日足、週足、月足をチャート検証してみた。

日経225先物 チャート検証 移動平均線 ボリンジャーバンド
07 /31 2016
日経225先物  月末に荒れた7月相場を振り返り、日足、週足、月足をチャート検証してみた。

参議院選から再びミニアベノミクス?

中々上向きにならない経済にあせる安倍首相、ついていく日銀の市場に放出したお金は?

トレードする上において市場にファンダメンタルを持ち込むのは少し危険だが、
政府の思惑は大きく相場に影響することがある、その影響が週末の動きに出てしまいましたね。

週末午後からはトリッキーな動きとなっています。

それでは早速チャートを見てみましょう。

16.07.31 日経225先物 週間5分ローソク足
日経225先物 週間5分ローソク足

週末金曜日を覗いては膠着した相場となっていますが、
金曜日はさすがにザラバの動きが激しい状況が見られますね。
まあ、ノイズとしてみることでしょう。


16.07.31 日経225先物 日足ローソク足
日経225先物 日足ローソク足

週末は移動平均選5日から25日までの下髭
日足75日線でサポートされていたのだが、その後のES取引ではGDからの下落で
75日線を割れてきています。
月明けザラバで再び75日線に回復してくるのか?

移動平均選の並びは5日、75日、25日 と相場自体はまだまだ方向感に乏しい。
まあ、このままの状況なら25日線は上昇となってはくるのだが、


16.07.31 日足ボリンジャーバンド
日足ボリンジャーバンド

バンドはTP25の上にある、
バンドは拡大しているのだが、バンドウォークとならずに横ばい状況が見られることで
このままではバンドは収縮に向かいそうな気配となっている。



16.07.31 日足一目均衡表
日足一目均衡表


週末の陰線でも雲が切り下げていて何とか雲上限ところに終値は位置している。
相場自体は底堅そうな気配ですね。
ただ、転換線は割れていて、調整があるなら下の基準線あたりまでか?


16.07.31 日経225先物 週足ローソク足
日経225先物 週足ローソク足

週足は2週続けて実体のない髭だけのローソク足となっていますね。
押しは買い、戻りは売りといった状況だが、
高値、安値は切り下げ、何とかしたにある13週、26週ではサポートされている相場となっていますね。



16.07.31 週足ボリンジャーバンド
週足ボリンジャーバンド

週足ボリンジャーバンドは収縮していてそうばにに詰まり感が出ています。
値幅に乏しい状況が予想されますね。


16.07.31 週足一目均衡表
週足一目均衡表

週足一目均衡表では基準線、転換線が下落してきました。
弱含みゾーンに位置していることから此の侭調整の動きとなってしまうのか?


16.07.31 日経225先物 月足ローソク足
日経225先物 月足ローソク足

月足でも移動平均線9月、24月はDCのまま、
さらに7月は陽線引けとなるものの引き続き9月線は下落となっている。
4月からの相場は鯨幕相場となっていますね。

16.07.31 月足ボリンジャーバンド
月足ボリンジャーバンド

月足のバンドは下落方向への流れも収縮に向かっていますね。


16.07.31 月足一目均衡表
月足一目均衡表

月足はアベノミクスが始まってから雲上限を抜けてからまだまだ雲の上にいるものの、
今年に入ってからは基準線、転換線を割り込んでいますね。
動きは横ばい状況で相場が継続しています。


16.07.31 ドル、円 60分平均足
ドル、円 60分平均足

週末再び円高方向への流れが出てきています。


16.07.31 ドル、円 日足平均足
ドル、円 日足平均足

日足も戻しから再びの戻り売り継続となっています。


16.07.31 ドル、円 週足平均足
ドル、円 週足平均足


週足では上下に髭をつけた格好となっていて
引けあたりを中心とした膠着した動きが予想されます。
何度は下落から収縮となってきそうな気配ですね。


16.07.31 ドル、円 月足平均足
ドル、円 月足平均足

月足ではバンドが開き気味で拡大気味、引き続き円高方向への流れ継続となっています。


16.07.31 日足NYダウ
日足NYダウ

日足は史上最高値から膠着で調整中。
小動きな展開となっています。


16.07.31 週足NYダウ
週足NYダウ

週足は久々の陰線引けとなりました。
大きく上昇から上に小陽線をつけての陰線引け、
ここからはさらに調整となるのか?
それともさらに上昇の流れがくることとなるのか?


今週は月曜日に中国の経済発表。
中国7月製造業PMI(10:00)
中国7月非製造業PMI(10:00)
中国財新7月製造業PMI(10:45)

週末はアメリカの雇用統計発表が控えており
相場は報道により再び大きく動く可能性もありますね。

大きな流れは少し調整気味となりそうな気配、
日本政府は経済効果に躍起になっているが、笛吹けど踊らずといった状況と見ています。

又、そろそろ外資証券大手トレーダーは夏休みに入ってくるので
取引高にも影響して取引高が減少してくるのではないかと見ています。

まあ、このあたりで取引高が増えるというのは大きく相場が動く状況でしょうが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たった1ヶ月で月利、20% 半年で50% なんと一年後には100%となる投資技術が学べるようです。
年利50%でもたいしたものですね。

無料登録でその投資術のヒントも公開しているようですので
ぜひぜひ情報をゲットしてみてくださいね。


無料で情報ゲットするにはこちらから

初月20%!!6ヶ月後50%!!1年後100%!!脅威のトリプル完全保証

=========================

ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。