日経225先物  本日の相場の流れ  GUから上方向への流れもザラ場は膠着した相場となった。

日経225先物 チャート検証 移動平均線 ボリンジャーバンド
08 /29 2016
日経225先物  本日の相場の流れ  

GUから上方向への流れもザラ場は膠着した相場となった。

週末のイエレン議長の金利上げの準備が整ったようで、ドルが買われて円安方向、
その影響で日経平均は戻し相場となった。

ザラ場はGUから上方向への動き、窓を開けた格好となっています。

其れではチャートを見て行きましょう。


16,08,29 日経225先物 5分ローソク足
日経225先物 5分ローソク足

イエレン議長の発表から相場は買い戻し方向への流れが継続しています。
ES終値からGUで窓を開けての上方向への動き、
窓を埋めることが起こるでしょうが窓埋め完了で再び買い上げられる可能性が高まってきていますね。
ということは押しを買うという戻し相場が到来した気配となっています。



16,08,29 日経225先物 日足ローソク足
日経225先物 日足ローソク足


日足移動平均線は5日、25日がGC,
移動平均線の並びも上から5日、25日、75日となっていて強含みとなってきました。


16,08,29 日足ボリンジャーバンド
日足ボリンジャーバンド

バンドはまだまだ横ばいとなっていますが、+2σが頭を持ち上げてきたような気配となっていますね。


16,08,29 日足一目均衡表 
日足一目均衡表


一目均衡表基準線、転換線は横ばい、転換線下落から再び横ばいとなっていて
さらにローソク足は転換線を抜けてきています。


16,08,29 ドル、円 60分平均足
ドル、円 60分平均足

ドル円は買い戻し継続、ただ、ここに来て再び節目所の102円台前半で少し止まってきていますね。
そろそろ調整の動きも見られます。


16,08,29 ドル、円 日足平均足
ドル、円 日足平均足

日足平均足は円安方向継続中、
さてこの節目所の102円台前半の位置を抜けてくることができるのでしょうか?


どちらにしても相場は戻し方向優勢となってきました。
ただ、戻しの鬼門17000円所を再び意識した動きとなるのか?
それともあっさりと抜けてくるのか?
今週末の米雇用統計をにらんだ売り買い交錯の動きとなるのではと見ています。
まあ、その間に為替が円安方向へ抜けると話は違ってきますが。


=========================

ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。