日経225先物  水曜日のザラ場は久々のトレンドディ、FOMCの結果発表を受け週末の相場の行くへは?

日経225先物 チャート検証 移動平均線 ボリンジャーバンド
09 /23 2016
日経225先物  水曜日のザラ場は久々のトレンドディ、

FOMCの結果発表を受け週末の相場の行くへは?

日銀による0金利政策は継続といったところで株式市場にはお金が流れ込みやすい状況となっていましたが、
本日のザラ場は久々に午後から大きく相場が動きましたね。

休日を挟んでの週末相場はFOMCの結果発表をイエレン議長が今回は利上げなしでなんてことを、
ただ、年末までにはアメリカの利上げはほぼ確定的な含みも、
今回利上げが実施されなかったことでNYダウは大きく値を戻していてナスダックは史上最高値を更新しています。

休日前のES取引では戻り売りとなって調整となりましたが、
週明け相場は少し底堅い動きとなるのでは?

為替が少し円高方向への流れ、ただ、こちらも1000円所では底堅く、買い物が入ってなかなか割れても買い戻されていますね。
1ドル=100円 まあ、固定されることはないでしょうが、、、

其れでは久々に動きの合った相場の流れを5分チャートで見て行きましょう。

16,09,23 日経225先物 5分ローソク足
日経225先物 5分ローソク足


16,09,23 日経225先物 日足ローソク足
日経225先物 日足ローソク足


大きく上昇となった休日前、ただ、戻しところを見ると移動平均線25日ところを抜けたところまで、
その後、ES取引の陰線で戻り売りのポイントとして意識されたのでしょうか?


16,09,23 日足ボリンジャーバンド
日足ボリンジャーバンド

バンドは横ばいで大きなトレンドは生まれにくくなっていますが、、、
押しは買い、戻りは売りといった状況でしょうか?


16,09,23 日足一目均衡表
日足一目均衡表

一目均衡表も下にある雲上限ところから反転して基準線を越えたところで戻り売り、
利益確定と、戻りの売りが出やすいポイントとして見られたようです。


為替のほうは

16,09,23 ドル、円 60分平均足
ドル、円 60分平均足


16,09,23 ドル、円 日足平均足
ドル、円 日足平均足

日足は陰線続きも下髭、そろそろ陽転しても良い状況となっていますね。
円は0金利なんでもう少し売られてもいいようなものですが、
ドルも今回は金利上げのなかった影響も出ているようで、、
ただ、100円はかなり意識の高い指数となっていますね。
今後も再び100円から102円台のレンジ相場が続きそうな気配となっています。

週末の相場はこの辺りの結果を見て総合的に判断されそう。
年金が再び積極的に売買に出てくるとさらに上昇して再び17000円台にはいってくると見ていますが、
なかなか底堅い相場を見せるものの、上も重いといった印象、
ただ、一度トレンドディとなると暫く続く可能性もあるので今日のザラ場も値動きの出るもので
あってほしいところです。

トレード方針は休日前の上昇相場からの調整、
押し目買い方針でいいのではないでしょうか?

==================

新!  新たなお金の情報!

10万円を2ヶ月で200万円にしたトレード手法を
無料でライブ映像で見ることができます。

実際のトレード映像をゲットしてみてください。

無料登録はこちらから

=========================

ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックがブログ更新の源となりますので
よろしくご協力ください。

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

非公開コメント

好好おやじ

株式投資デイトレード(日経225先物投資)で1日5万円、20日稼働日で100万円を稼ぐことを目標にデイトレードで2007年に年利を567%を達成。デイトレードでのテクニカル分析による必勝法を編み出しています。